北田 朋子  Tomoko Kitada

音楽家/ハワイアン歌手/ウクレレ奏者/講師 


札幌生まれ横浜育ち 

3 歳からクラシックピアノで音楽の基礎を学び、絶対音感を持つ。16歳からウクレレをはじめる。
1996年 横浜スタジアムで行われた音楽コンテスト「ホットウェーブフェスティバル」でウクレレ弾き語りをして最優秀グランプリ賞受賞。
以降オリジナルCDリリース、楽曲提供、ライブ出演、テレビ・ラジオ番組MCなど芸能活動を広げる。

2008年頃よりハワイ音楽に多く携わるようになりハワイアンシンガーに転向。様々なハワイアン・ウクレレイベントに多数出演する(※以下写真参照)

2010~2016年 Aloha Yokohama 出演

2016年 ハワイアンCDアルバム「Lei Nani」リリース。

2018年 著書のウクレレ教則本「ウクレレでハワイアン弾き語りができるようになる本」がリットーミュージック社より発売。Amazonランキングでベストセラー1位獲得。(ワールド楽譜カテゴリー)

2020年 雑誌フラレア(79号)に「日本で活躍するハワイアンミュージシャン」に取材掲載され、本誌付録CDに再びアルバム曲「Lei Nani」が収録される。

2021年 「Ukulele Magazine(26号)」(リットーミュージック刊) 連載ウクレレ入門の監修を務める。
また、ハワイのウクレレブランド「カニレアウクレレ」アーティストとなる。
著書のウクレレ教則本が重版3刷とロングセラーとなり、ハワイアン音楽のシンガーとして、ウクレレアーティストとして、あらゆるシーンや世代に向けて音楽を発信している。

演奏活動の一方で音楽教室にも力を入れている。 
2007年〜ウクレレ教室・歌の講師として神奈川県・東京都を中心に指南。楽しさとわかりやすさでクラスは常に賑わっている。  
2019年には毎年開催のウクレレ教室発表会10周年を迎え、新たな節目となった。


(Tomoko’s thinking)

  • 音楽を通じて多くの方が繋がれるよう、いつも皆様に喜んでいただける音楽活動を第一に行います。
  • ハワイアン音楽の特徴やリズム感の相違に注目し、その奥深さの理解と日本人音楽の可能性を広げたいと考えています。